このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

長文堂の鋳物へのこだわり

創業58年。祖父の時代から代々、独自の鋳造技法によって鉄瓶製作に力を注いでいます。口の鋳型作りにも特徴があり、(口の鋳型を鉄瓶に合わせ、一本づつ製作しています。)湯切れがよく使い易くなっています。
表面の仕上げは、漆焼き付け着色のオハグロ仕上げです。鉄瓶はお湯をまろやかにし、鉄分の補給にも役立ちます。
使えば使う程、深い味わいが生まれる『育てる道具』として末永くお側に置いていただければ幸いです。
長文堂の鋳物へのこだわり

伝統的工芸品 山形鋳物

山形鋳物は山形県山形市とその周辺に伝わる鋳物で、1975年に経済産業省(当時の通産省)に伝統的工芸品に指定されました。
山形鋳物の特徴である薄肉美麗の鋳造法を初代長六より代々受け継ぎ、現在、孫である三代目も「鉄瓶」にこだわり作り続けています。長い年月をかけた独自の研究により、初代からの念願であった砂鉄製の鉄瓶製造にも成功しました。
『使い手を幸せにする道具』を目指し、鉄瓶を山形で産まれた宝として、今後も大事に作り続けたいと長文堂は考えています。
鉄瓶 新なつめ

新なつめ

山形セレクション認定商品

鉄瓶 IHはけめ

IHはけめ

IH対応鉄瓶

商品一覧

山形鋳物 長文堂

お客様の喜ぶ製品作り…を常に考えて、昭和27年より代々伝統工芸品製作しています。伝統技術即ち鋳肌の美しい寸法形状の正確な薄肉製法で伝統工芸品を製作しております。

経済産業大臣指定伝統的工芸品

製造元:長文堂

山形の名産・特産品をお取寄せで出来る通販サイト