ゴールデンプラム

プラムと言えば、小さくて赤い、ちょっとすっぱい果物を思い浮かべませんか?
けど、このゴールデンプラムは普通のプラムとは一味違って、色も黄色く、甘い味がします。 大きさは普通のプラムよりも大きく、大きいものではなんとテニスボールサイズ!皮を丸かじりするとすっぱさが、そして中からは甘味が口の中にじんわ〜り広がります。 食べ終わってからも、種まで味わえるとってもお得なフルーツなのです。懐かしい味がすると評判のゴールデンプラム、秋の贈答用にもぴったり!ぜひ一度、ゴールデンプラムを味わってみてはいかがでしょうか。

プラムのおいしい食べ方

果物の中でも、プラムは特に鉄の含有量が高い果物です。 血行を促進し、貧血の予防、そして、血行不良による肩こりやめまいなどにも効果があります。 冷蔵庫で冷やし、そのまま皮ごと食べるのが最高においしい食べ方です。種を口の中で転がすと、プラムの甘い味がするから不思議。最後に残った種まで、決して損はさせません。 プラムは、とってもデリケートで保存が難しい果物と言われています。が、ご安心ください。コンフィチュール(ジャム)に加工することで、プラムをより長く楽しむことが出来るのです!

ゴールデンプラムって?

ゴールデンプラムとはあまり耳にしない果物ではないでしょうか?
それもそのはず!ゴールデンプラムは、フルーツ王国山形でも3人しか生産していない、まさに幻の果物なんです。しかも、蔵王園ゴールデンプラムは秋姫というすももを有袋で育成し、蔵王園独特の土壌や水(イオン水)で栽培された果実で、当園独自の出荷規格を満たしたものだけに「ゴールデンプラム」という名が与えられています。

栽培元:蔵王園

山形の名産・特産品をお取寄せで出来る通販サイト